人の体には「体内時計」があるといわれます。
「朝食を摂らないと体重が増える」のは「体内時計にズレが生じるから」という話を、先日の新聞で読みました。「朝食を食べないことが肥満の原因である」と報告されていましたが、何だか逆のように感じました。

人の体内時計

現代社会の大きな時計は、以前より複雑な動きをしているように感じます。
夜に働く人や遊ぶ人も珍しくありませんが、本来ヒトは夜に寝る動物だと思います。江戸時代の「丑三つ時」には草木だけではなく人も寝ておりました。
現在の大きな時計が「カラクリ時計」だとしたら怖いですね。
*丑三つ時(ウシミツドキ)は現代の深夜2時半頃

昼夜逆転の人も

仕事やおつきあいで一日の時間割が崩れ、夜昼逆転している方も多いでしょうし、それらが体内時計を乱していると思います。不規則な生活が食事のベースも乱し、好きなものを過食することで体調も乱れてくるのでしょうね。
生活の乱れが健康の乱れ、カラクリ時計にはご用心。

加齢とともに食事の量は減るのだから、1日に1食か2食でもよいと考える自然食の大家もおられます。歩くことが少なくなった現代人には、「暖衣飽食」ではなく「飢寒乏欠」を推奨されています。手まめ・足まめで医者いらずとも。
そう考えますと肥満の原因は奥が深そうですね。

スマホに熱中するのもほどほどに

スマホにかじりついてフリーズしている方をよく見かけます。器用に運転しながらスマホに見入る方も多いですね。まるで磁石に吸い寄せられているようですが、うっかり落としてホントにフリーズしている方もおられます。
ひょっとして昨日画面割れ修理で来店された方かな?
余計なお世話ですが、フリーズしないためにもっと歩きましょうね。

デジタル時計で切り取った時刻表示を見ると、時間の流れが読みにくいですね。
「今、何時?」と切り取った時刻を知るだけなら、時計は重要ではないかも知れません。でも、人は回る地球と共にゆらゆらと流れながら生きているのですから、時計とも仲よくして流れる時間を楽しみたいものですね。

体内時計は規則正しい暮らしの積み重ねから。
腕時計の修理や相談ごとは、修理専門の当店へお任せくださいませ。