今日から6月、衣替えで見た目も夏となりますね。
6月1日は「記念日」や「何とか週間」の始まりが多いようです。
“電波の日””気象記念日””写真の日”、”計量週間”や”水道週間”などは今日から始まります。太公望にはお待ちかねの”鮎漁解禁”も今日から。

6月は”水無月”と呼ばれますが、”無”はないのではなくて”の”の意味だとか。水がないのではなくて、水の月ということです。”我田引水”にならぬよう、仲よく暮しましょう。

時の記念日とは

もうすぐ「時の記念日」です。
天智天皇が”漏刻(ろうこく)”と呼ばれる水時計を使い始められた日に由来します。
671年4月15日ですが、陽暦に置き換えて6月10日になったのだとか。

近江神宮の漏刻

こちらは滋賀県の近江神宮にある「漏刻」です。


(フォトACさんより)
昭和39年にオメガ社総代理店が奉納されたものだそうです。

日本書紀には次の歌が記されています。
「天皇(すめらぎ)の 近江の宮に 造りおきし 時のまにまに 御代も絶えせず」と。近江神宮では毎年、記念行事が催されます。

時の記念日ならずとも時間や時計は大切にしたいものですね。
私個人としては、記念日の多くは単なる語呂合わせではなく、節目の日に考え直すことの大切さを教えていると思います。

当店にお越しの方の多くが
「家には電池切れで止まっている時計が一杯ある・・」
とおっしゃいます。「断捨離」が流行っていますが、この機会に使い続ける時計とそうでないモノとを整理されてはいかがでしょうか。

当店では動くかどうかの無料点検や、廃棄する時計の処分なども承っておりますので、カインズへお買い物のついでにお越し下されば・・と思います。
「時の記念日」は腕時計の修理・点検を兼ねてぜひお越しください